FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
日銀の緩和政策 : まだ不十分 (上)
2010-10-06-Wed  CATEGORY: 政治・経済
◇ 日銀にしては踏み込んだけれど = 日銀は5日の金融政策決定会合で、新たな金融緩和策を決めた。そのポイントは3つ。第1は政策金利を現行の0.1%から0-0.1%に引き下げること。0-0.1%などと不思議な表現だが、要するに無担保コール翌日物の誘導金利をゼロにする。4年3か月ぶりにゼロ金利政策を復活するという意味だ。

第2は、このゼロ金利政策を「物価の安定が展望できる情勢になったと判断できるまで」継続すると宣言したこと。つまりデフレ状態が続く限り、ゼロ金利を続けるという姿勢を内外に鮮明にした。これまでの決定会合で行われた議論から推理すると、消費者物価が前年比1%上昇する状態が「物価の安定が展望できる情勢」ということになるだろう。

第3のポイントは、5兆円規模の「資産買い入れ基金」を創設。国債やコマーシャル・ペーパー、社債、上場投信、不動産投信などを購入する。このうちの3兆5000億円で、今後1年間に国債と政府短期証券を買い入れる方針だ。日銀はこれまで「国債の保有高は日銀券の発行残高を上回らない」という自主ルールを作っていたが、この“日銀券ルール”を見直すことになる。

何ごとにつけても慎重で臆病な日銀が、これだけの対策に踏み切った背景には、円高と景気の先行きに対する不安感があった。決定会合は景気の動向について「緩やかに回復しつつあるものの、改善の動きが弱まっている」と解説している。それでは、この追加政策で円高の進行を阻止できるのか。景気の下降を防げるのか。残念ながら、この大目標を達成するには、まだ不十分だという感じが強い。


                                 (続きは明日)

    ≪5日の日経平均 = 上げ +137.70円≫

    ≪6日の日経平均は? 予想 = 上げ≫  

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.