FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
日銀の緩和政策 : まだ不十分 (下)
2010-10-07-Thu  CATEGORY: 政治・経済
◇ 再び迫られる追加策? = 日銀が決めた金融緩和政策は、金利の引き下げと量的な緩和の二本建てだ。だが金利の引き下げは0.1%を0%に下げたところで、タカが知れている。資産買い入れ基金が国債などを購入すれば、市中の流動性が増大することは確か。しかし現状でも金融機関や企業はカネ余りの状態だから、その景気浮揚効果にはあまり期待できない。

一方、いまの為替相場はわずかな金利の変動にも、きわめて敏感だ。したがって今回の金融緩和措置は、景気よりも円相場の上昇を抑える方に役立つかもしれない。だが為替相場は、日本側の政策だけで動くわけではない。ドルがさらに安くなれば、円は上昇してしまう。

この点で気になるのが、アメリカの金融政策だ。FRB(連邦準備理事会)は11月2-3日に開くFOMC(公開市場委員会)で、追加の金融緩和策を決めるという観測が強まっている。その内容は、国債の買い取りを大幅に増やすということになりそうだ。このため円相場も、いまのところ下落していない。

カード・ゲームで、弱気の日銀は「5」ぐらいしか出さないと思われていた。ところが絵札の「ジャック」を出してきたので、いま市場関係者はびっくりしているところ。しかし、こんどはアメリカが「キング」を切ってくると、どうなるだろう。日銀はもう一度、勝負を迫られることになるのではないか。


    ≪6日の日経平均 = 上げ +172.67円≫

    ≪7日の日経平均は? 予想 = 下げ

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.