FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
今週のポイント
2010-10-12-Tue  CATEGORY: 政治・経済
今週は、政府・日銀が再び円の売り介入を断行するかどうかが最大の焦点。円の対ドル相場は先週末のニューヨーク市場で一時81円台にまで上昇したが、G7(主要7か国)財務相・中央銀行総裁会議に遠慮した形で介入は見送られた。今週は仮に円が80円台に突入する勢いを見せれば、介入に踏み切る公算が強い。

アメリカでは先週、9月の雇用統計が発表された。失業率は前月と同じ9.6%だったが、農業部門を除いた雇用者数が予想を大幅に上回る9万5000人の減少となった。にもかかわらず株価は上昇、雇用の悪化で金融緩和の追加が確実になったという読みが広がったためである。ダウ平均は週間177ドルの値上がりで、5か月ぶりに1万1000ドルを回復した。

景気の悪い方が株価は上がる。まことに不可思議な現象だが、金融の緩和予測はドル安・円高にもつながった。要するに、中長期的な展望よりも超短期的な利ざや取りを狙う投機資金の行動を反映した現象だと言えるだろう。そんななかで、日経平均は週間185円の値上がりとなった。

今週は13日に、8月の機械受注。14日に、9月の企業物価が発表になる。アメリカでは14日に、9月の生産者物価と8月の貿易統計。15日には、9月の消費者物価と小売り売上高、それにミシガン大学による10月の消費者信頼感指数が発表される。また13日には、中国が9月の貿易収支を公表する予定。


    ≪12日の日経平均は? 予想 = 下げ

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング



ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.