FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
踊り場ではなく、下り階段だ
2010-10-22-Fri  CATEGORY: 政治・経済
◇ 再上昇の可能性は小さい = 政府は19日に発表した10月の月例経済報告で、景気の基調判断を1年8か月ぶりに下方修正した。これまでの景気は「持ち直してきている」という表現を「足踏み状態となっている」に変更している。ただ今後の見通しについては「持ち直していくことが期待される」とも付け加えた。

月例経済報告というのは、政府が毎月1回まとめる公式の経済判断。リーマン・ショックのあとはずっと「悪化している」が続いたが、昨年5月からは「持ち直し」に変わった。それが「足踏み」に下方修正されたわけ。政府が期待するように、もし再び「持ち直し」になれば、この「足踏み」はちょうど階段の途中にある“踊り場”ということになる。

エコノミストの多くも、今回の月例報告を受けて「景気は“踊り場”入り」と解説している。だが“踊り場”⇒再上昇となる可能性はかなり小さいのではないだろうか。円高に加えてエコカー補助金打ち切りの反動、猛暑による一時的な消費増の反動。さらに中国を初めとして東南アジア諸国が、インフレを懸念して金利を引き上げ始めた。

対抗手段は、日銀の新たな金融緩和政策と政府の2度にわたる景気対策のみ。よほどの僥倖に恵まれなければ、これで景気が再上昇に転じるとは思えない。政府・日銀は“踊り場”説に固執することなく、早急に次の対策を準備すべきだろう。さもないと、またまた手遅れということになる。


    ≪21日の日経平均 = 下げ -5.12円≫

    ≪22日の日経平均は? 予想 = 上げ

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.