FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
サンデー実験室 = 孫に聞かせる経済の話
2010-10-24-Sun  CATEGORY: 政治・経済
第20章 スマートグリッドって、なんだろう? ④

屋根の上に太陽光発電パネルを設置するには、おカネがかかります。ふつうの家では3-4キロワットのパネルを使いますが、その費用は200万円ぐらい。そこから計算すると、家庭での発電コストは電力会社の7倍近くにもなってしまいます。そこで政府は補助金を出したり、家庭で余った電気を電力会社に売れるようにしました。

この電力会社による買い取り制度は、昨年の11月に始まったばかりです。住宅の場合は1キロワット当たり48円、事業所や工場などは24円で、電力会社がいつでも買い取ることになりました。国や地方自治体の補助金に、この買い取り制度による収入を加えると、一般の家庭では10年ぐらいでモトがとれるようになったといわれています。

家庭では太陽光パネルで発電した電力を、まず自分の家で使うでしょう。それでも余った電力を売るには、電気をためておくバッテリー(蓄電池)があると便利です。また電力会社から送られてくる電力を使うこともありますから、入ってくる電気と出て行く電気をきちんと記録する必要もありますね。そのための記録計がスマートメーターです。

いま家庭には電気メーターが付いていて、1か月にどれだけの電力を使ったかを記録しています。でも、このメーターは入ってくる電力だけを記録しています。これに対してスマートメーターは、電力会社に売った分の電力も記録するわけです。ここまでくると、みなさんにもスマートグリッドの姿がおぼろげながら見えてきませんか。


                         (続きは来週日曜日)

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.