FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
マイナス成長に転落 : 10月以降
2010-11-04-Thu  CATEGORY: 政治・経済
◇ 生産、消費ともに大幅減の公算 = 経済産業省の発表によると、9月の鉱工業生産は前月に比べて1.9%の減少となった。これで生産の減少は4か月連続。特に輸送機械工業と電子部品・デバイス工業の減産率が大きかった。出荷も前月比0.7%の減少。在庫は0.2%の増加で、前年同月に比べても3.5%増加している。生産統計の形としては、きわめて良くない。

輸送機械工業の減産は、エコカー補助金の打ち切りで自動車の販売台数が激減することを見越したメーカー側の対策。また電子部品・デバイス工業は輸出の鈍化による影響が大きかった。補助金打ち切りの反動や輸出の鈍化傾向は今後も続くとみられ、予測調査をみても10月は前月比3.6%の大幅な減少が見込まれている。

一方、総務省が発表した9月の家計調査によると、2人以上世帯の実質消費支出は27万5367円で前年同月と変わらなかった。旅行などへの支出は減ったが、エアコンやテレビなど耐久財への支出は23.4%増加した。レジャー費用を節約して、補助金制度があるうちに家電を買おうと考えた家庭が多かったのかもしれない。

生産は減少、消費はまずまず。こうした9月の結果を踏まえて、民間エコノミストが7-9月期の実質成長率を予測している。それによると、成長率の平均値は年率で2.9%だという。4-6月期の1.5%より高くなる。しかし問題は10月以降だ。生産の予測値は大幅減少、消費も補助金制度の効力が低下する。エコノミストの予測も、10-12月期はマイナス1.4%と厳しい。こういう状況なのに、政府・民主党から心配する声が聞こえてこないのは、どうしてだろう。


    ≪2日の日経平均 = 上げ +5.26円≫

    ≪4日の日経平均は? 予想 = 上げ

           ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング


ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.