FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
サンデー実験室 = 孫に聞かせる経済の話
2010-11-14-Sun  CATEGORY: 政治・経済
第20章 スマートグリッドって、なんだろう? ⑦

スマートグリッドが実現すると、いろいろなメリットがあります。まず電力会社は太陽光発電や風力発電の増減に合わせて、火力発電所や原子力発電所の運転をこまかく調節できるようになります。つまりムダな発電を抑えられますから、コストをかなり下げることができるでしょう。

また地震や台風などの災害で送電線が切れてしまっても、地域ごとに溜めている電気を融通し合うことにより停電の被害を少なくすることができます。さらにスマートメーターが自動的に電気の出入量を計ってくれるので、いまのように人が一軒一軒を回って検針する作業もなくなります。

消費者にとっては、まず自分の家で起こした電気を使うことで、電気代が安くなるでしょう。余った電気を電力会社に売れば、収入を増やすことができます。さらにスマートメーターを携帯電話で操作することによって、外出先から家のなかの電気製品に命令することができるようになるでしょう。たとえばお風呂やヒーターのスイッチも入れられますね。

太陽光発電による電気がたくさん使われ、火力発電が減ればCO2(二酸化炭素)の排出量はそれだけ減ることになります。したがって環境問題に対しても、とても大きなメリットがあるわけです。このようにスマートグリッドは良いことづくめですが、その実現には解決しなければならない多くの問題点があることも事実です。


                        (続きは来週日曜日)

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング



ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.