FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
サンデー実験室 = 孫に聞かせる経済の話
2010-11-21-Sun  CATEGORY: 政治・経済
第20章 スマートグリッドって、なんだろう? ⑧

スマートグリッドが完成した街のことを、最近はスマートシティと呼ぶようになりました。直訳すると「とても賢い街」という意味です。ところが、そこへ行きつくまでには、まだまだ技術の進歩が必要です。まず太陽光を電気に変えるパネル、つまり太陽電池の効率を上げなければなりません。現在のパネルでは、発電コストが原子力発電所の7倍にもなってしまうのです。

このため太陽電池のメーカーや大学の研究所では、電池に新しい材料を使うなどして効率を上げる研究に力を入れています。現在の太陽電池は届いた光の15%程度しか電気に変えていません。これを20年後には、40%以上に引き上げることが目標になっています。同じ面積のパネルなら、発電量が3倍になるわけですね。

一方、蓄電池の改良も不可欠です。たくさんの電気を早く充電でき、小型化して寿命も長くする。家庭や事務所、あるいは街に設置する蓄電池だけではなく、電気自動車に積むバッテリーも同じです。バッテリーの性能が向上すれば、電気自動車が一回の充電で走れる距離もどんどん延びるでしょう。

スマートメーターの研究も始まっています。こちらの方は技術的には、ほとんど問題がありません。この機械にどんな仕事をさせたら、いちばん便利かを決めればいいのです。たとえば携帯電話で外出先から、お風呂や暖房機に指令を出せるようにする。お年寄りが元気で生活しているかどうかを、30分ごとに通知させる。こんな機能を付けるかどうかです。


                            (続きは来週日曜日)

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング


ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.