FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
サタデー自習室 -- 発展段階に入った ASEAN ③
2010-11-20-Sat  CATEGORY: 政治・経済
◇ ことしの成長見込みは7.4% = ADB(アジア開発銀行)の調査によると、ASEAN10か国のことしの経済成長率は実質で平均7.4%に。また中核6か国の平均をとっても、同じく7.4%になる見通しだ。昨年はリーマン不況の影響を受けて、10か国の成長率は1.2%にとどまっていた。それがことしは順調な回復ぶりをみせている。

景気回復の原動力は、輸出の高い伸び。特にASEANとの間でFTA(自由貿易協定)を結んでいる中国とインド向けの輸出が増大している。ただ輸出品目は国によって、まちまちだ。たとえばシンガポールやマレーシアは電子機器、タイは自動車部品、インドネシアは石炭などの鉱物性燃料が中心といったぐあい。輸出所得が増えたために、各国とも内需は堅調に推移している。

ADBの予測で、ことしの成長率が最も高いのは14.0%のシンガポール。次いでタイが7.0%、マレーシアが6.8%、いちばん低いインドネシアも6.1%となっている。全体としてみれば中国やインドの成長率には及ばないが、日米欧の先進国に比べればかなり高い。

その日米欧の各国が加盟するOECD(経済協力開発機構)が、最近はじめてASEAN6か国の経済見通しを公表した。それによると6か国のことしの成長率は7.3%で、ADBの予測とほとんど変わらない。ただ、これまでは先進諸国の経済だけを調査していたOECDが、東南アジアにも目を向け始めたことは興味深い。それだけASEAN経済の存在感が増した表れだと言えるだろう。


                       (続きは来週サタデー)

    ≪19日の日経平均 = 上げ +8.76円≫

    【今週の日経平均予想 = 1勝4敗】 

         ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング


ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.