FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
サタデー自習室 -- 発展段階に入った ASEAN ④
2010-11-27-Sat  CATEGORY: 政治・経済
◇ 悩みはインフレ懸念と通貨高 = ASEAN各国の景気は絶好調と言っていい。たとえば中核6か国の1-9月の新車販売台数は、前年同期比で36%も増加した。特にインドネシアは60%増、タイは50%増を記録している。株価もインドネシアとフィリピンが史上最高値を更新するなど、軒並み活況を呈している。

リーマン・ショックの後遺症などは、全く見当たらない。しかし各国共通の悩みは、インフレ懸念と自国の通貨高だ。リーマン不況からの回復が遅れているアメリカや日本が超低金利政策をとったために、投機資金が新興国へ殺到している。放置すればインフレを惹き起す危険がある一方で、金利を上げればさらに資金が流入し、自国の為替相場を押し上げてしまう。中国やインド、韓国や台湾なども、同じ問題に直面している。

思わぬ形で、リーマン・ショックの影響を受け始めたASEAN諸国。それぞれに防御対策を講じてはいる。まずマレーシアが先頭を切って、3月に金利を引き上げた。5月と7月にも利上げを実施している。タイは7月と8月に金利を引き上げたが、その影響で9月には通貨バーツが最高値に。インドネシアは6月に短期資金の流入規制、11月には預金準備率を大幅に引き上げた。

インドネシアでは最近、消費者物価の上昇率が6%を超えている。金利を引き上げたいところだが、そうすると自国通貨ルピアの相場が上がって輸出に悪影響が出るかもしれない。また外資の流入規制をあまり強化すると、経済の発展に必要な長期資金まで引き揚げられる危険がある。他のASEAN諸国も同様の問題を抱えており、経済政策のカジ取りはなかなか微妙だ。


                          (続きは来週サタデー)

    ≪26日の日経平均 = 下げ -40.20円≫

    【今週の日経平均予想 = 4勝0敗】  

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング


 
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.