FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
今週のポイント
2010-12-20-Mon  CATEGORY: 政治・経済
株価の基調は強くなった。だが経済の先行き不安をまだ消し切れないため、年末に向かって利益確定の売り圧力が強い。それでも小幅な変動を繰り返しながら、少しずつ水準を切り上げている。日米の株価は先週、ともに同じような展開となった。週間では日経平均が92円、ダウ平均は82ドルの値上がりだった。

アメリカでは、今後10年間で8580億ドル(約72兆円)にのぼる超大型減税法案が可決された。ところが株価は、これを全く無視している。雇用や住宅の改善が遅れているうえに、この減税で財政の悪化が急速に進むという心配が大きくなったためだ。10年もの国債の利回りは3.56%にまで上昇した。こうしたなかでダウ平均は16日、2年3か月ぶりの高値を付けている。

日本でも税制改正大綱がまとまり、法人減税や証券優遇税制の2年間延長が決まった。しかし日経平均は反応していない。法人減税が実質的には5800億円に止まったこともあるが、やはり景気の先行きに対する懸念が重石になっている。ただゴールドマン・サックスなどアメリカの証券会社が、日本株の推奨度を引き上げていることはプラス材料だ。日経ジャスダック平均が14日間の連騰を記録したのは、その影響かもしれない。

今週は21日に、10月の全産業活動指数。22日には、11月の貿易統計が発表になる。輸出の伸び率が注目点だ。アメリカでは22日に、7-9月期のGDP確定値と11月の中古住宅販売、それに10月の住宅価格指数。23日には、11月の個人所得と個人支出、新築住宅販売件数が発表される。


    ≪20日の日経平均は? 予想 = 上げ

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.