FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
今週のポイント
2010-12-27-Mon  CATEGORY: 政治・経済
ダウ平均は先週、小幅ながら4日間の連騰に。クリスマス休日前の23日終り値は1万1573ドルと、2年4か月ぶりの高値で引けた。イギリスのFT指数も、2年半ぶりの高値を回復している。ともにリーマン・ショック直前の水準まで戻したことになる。一方、日経平均は週間25円の下げ。リーマン前の水準より、まだ2700円も低い。

アメリカの場合は、株価の回復がうまく個人消費の増加に結びついている。これで景気の先行きが明るくなった。加えてオバマ大統領が共和党に対して思い切った譲歩を打ち出し、政局に安定感が生まれたことが大きい。これによって大幅減税法案が成立、さらに米露間の新戦略兵器削減条約の批准にも成功した。

ゴールドマン・サックスなど大手金融機関は、来年の株価は約15%上昇すると予測している。ウォール街は久しぶりに明るい新年を迎えられそうだ。日本の場合は、中国の株価下落傾向が思ったより影響していることは確か。そのうえ政局に対する心配も、このところ急速に増大している。兜町はあまり明るい新年を迎えるとは言いにくい。

来週は27日に、11月の企業向けサービス価格と住宅着工。28日には、11月の消費者物価、労働力調査、家計調査、鉱工業生産、商業販売統計が発表になる。そして30日は大納会。アメリカでは28日に、10月のS&Pケースシラー住宅価格指数とコンファレンスボードによる12月の消費者信頼感指数が発表される。


    ≪27日の日経平均は? 予想 = 下げ

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング



ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.