FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
綱渡りが始まる 中国経済 (上)
2010-12-29-Wed  CATEGORY: 政治・経済
◇ 本格的な引き締めを開始 = 中国人民銀行は26日から、金融機関の貸し出し・預金金利を0.25%引き上げた。10月20日に続く2度目の利上げである。これで貸し出し金利は年5.81%に、預金金利は2.75%になった。インフレと不動産バブルの抑制を目指して、中国はついに本格的な金融引き締めに踏み切ったと考えていい。

国家統計局の発表によると、11月の消費者物価は前年比5.1%の上昇だった。政府は物価上昇を3%以内に収める方針を打ち出しているが、7月からはずっとこの目標を超えている。特に食料品の価格は12%近くの上昇となっており、消費者の不満は大きい。不動産価格も平均では前年比7.7%の上昇だが、大都市やリゾート地の価格は20-30%も高騰しているという。

政府は備蓄食料を放出したり、便乗値上げを厳しく取り締まっている。また金融面でも、ことしは7回にわたって預金準備率を引き上げ、10月には金利の引き上げも断行した。それでも年末から旧正月を控えて、物価の上昇が止まらないのだろう。そこで2度目の利上げを実施せざるをえなかったものと思われる。

実はこの状況は、07年から08年にかけての動きによく似ている。当時もインフレ状態で、人民銀行は07年中に6回も金利を引き上げた。それでも年末の消費者物価は7%を超える上昇、貸し出し金利は7.47%に引き上げられている。インフレ状態は08年に入っても続いたが、リーマン・ショックで一気に終息した。このときの経験からみて、中国の利上げは来年も何回か実施されるという見方が強まっている。


                                  (続きは明日)

    ≪28日の日経平均 = 下げ -63.36円≫

    ≪29日の日経平均は? 予想 = 上げ

           ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング


ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.