FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
2011年の展望② = 景気は減速する
2011-01-06-Thu  CATEGORY: 政治・経済
◇ 成長率は昨年の半分に = 目を皿のようにして探しても、残念なことに「景気の楽観論」は見当たらない。とにかく昨年10-12月期の実質成長率が、年率1.5%前後のマイナス成長に陥ったことは確実。エコカーや家電に対する補助政策の終了が、この結果をもたらした。それでも昨年の年間を通した成長率は3.3%程度になる見込み。

ことし1-3月期は補助金終了の影響が薄れて成長率は再びプラスを回復するが、その程度はせいぜい1%どまり。さらに4-6月期には2.5%ぐらいまで水準を上げるという見方が一般的だ。しかし来年度予算には景気を浮揚する力がほとんどない。このため11年の年間成長率は1.3%前後にとどまるという見通しで、専門家の予測はほぼ一致している。

政府が発表した見通しもほぼ同じ。こちらは年度ベースだが、11年度の成長率は1.5%で10年度の3.1%から半減する。個人消費が1.5%増から0.6%増へ、輸出も18.7%増から6.2%増へと大きく減少する見通しだ。こんな弱々しい見通しなのに、政府は財源がないために手を打てない。だから民間からも、楽観的な見通しは出てこない。

アメリカなど海外諸国の景気が予想以上に好転すれば、輸出が伸びて日本の成長率はもっと上がるかもしれない。もう1つは日本の株価が予想を上回って上昇し、個人消費が伸びる可能性もなくはない。だが株価の上昇も、外国人頼みの傾向が強い。いずれにしても、外需に依存する1年になりそうだ。


                              (続きは明日)

    ≪5日の日経平均 = 下げ -17.33円≫

    ≪6日の日経平均は? 予想 = 上げ

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング


ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.