FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
今週のポイント
2011-01-17-Mon  CATEGORY: 政治・経済
アメリカの景気回復を背景に、ニューヨーク証券市場の株価が着実に値を上げている。ダウ平均株価は先週113ドルの値上がりで、終り値は1万1787ドルとなった。これはリーマン・ショック前の08年6月25日以来、2年7か月ぶりの高値。ハイテク株が多いナスダック総合指数は07年11月以来、3年2か月ぶりの水準に戻している。

直接的な材料は、12月期の企業決算が好調だったこと。たとえばインテルやモルガン・チェース銀行が大幅増益となったために、半導体製造業や金融業が買われた。もちろん、その背景には景気の回復がある。年末商戦が過去最高の売り上げを記録、個人消費の復調が実感された。新車販売も持ち直し、製造業の生産活動も上向いている。

日経平均は先週42円の反落だった。政局の動きには、全く無反応と言っていい。週の終り値は1万0499円。ダウ平均が取り戻した08年6月25日の日経平均は1万3830円だった。まだ3300円も足りない。国会運営、とりわけ来年度予算と関連法案の成立にメドが立たないと、この遅れは取り戻しにくい。

今週は20日に中国が例によって、昨年のGDP、12月の生産者物価、消費者物価、小売り売上高、鉱工業生産、固定資産投資額をまとめて発表する。預金準備率をまた引き上げたくらいだから、物価の上昇傾向は続いているのだろう。国内では19日に、11月の第3次産業活動指数。21日に、11月の全産業活動指数が発表される。アメリカでは19日に、12月の住宅着工件数。20日に、12月の中古住宅販売件数が発表になる。


    ≪17日の日経平均は? 予想 = 上げ

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング


ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.