FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
与謝野さん、“社会年齢”制は いかが (上)
2011-01-25-Tue  CATEGORY: 政治・経済
◇ 長寿に合わせた年齢制度の採用 = 物議をかもして入閣した与謝野経済財政相が、さっそく物議をかもす発言をした。新成長戦略実現会議で「人生90年を前提にした定年延長と年金支給年齢の引き上げ」という発想である。議長を務めた菅首相も「この提案は魅力的だ」と応じたと伝えられる。

内閣府の試算によると、国と地方の基礎的財政収支は20年度に23兆円の赤字となる見込み。高齢者の増加で年金や医療の支出が今後も増え続けることを考えれば、消費税の5%引き上げぐらいでは足りそうにない。そこで財政再建に政治生命を賭ける与謝野さんが、これまで秘めていたさらなる対策を口走ったものと推察できる。

その方向性は、きわめて正しい。そこまでしないと、日本の財政は再建できないだろう。ただ問題は、その実現性である。与謝野さん自身も言うように、消費税の5%引き上げでさえ国民の理解を得ることはなかなか困難だ。ましてや年金の支給年齢を引き上げる構想は、各方面から総スカンを食うだろう。

そこで発想を180度転換。社会保障や定年の制度は、いまのままにしておく。その代わり、日本人の年齢を二重制度にしてしまう。たとえば還暦を過ぎると、2年に1歳しかトシをとらないことにする。これが“社会年齢”だ。社会保障や定年以外では、従来通りの実年齢を使う。この社会年齢制度については、明日もう少し説明することにしよう。


                                     (続きは明日)

    ≪24日の日経平均 = 上げ +70.59円≫

    ≪25日の日経平均は? 予想 = 上げ

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング


ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.