FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
雇用に回復の兆し? / 12月の求人倍率
2011-02-03-Thu  CATEGORY: 政治・経済
◇ 大幅に増加した新規の求人数 = 厚生労働省の発表によると、昨年12月の有効求人倍率は0.57倍で前月と変わらなかった。求人倍率というのは、ハローワークで扱う求職者数と求人数の割合。求人数が求職者数を上回ると、この倍率が1を超える。つまり労働市場で、職を求める人たちが有利になるわけだ。

求人倍率には2通りあって、そのうちの「有効」求人倍率は前々から持ち越された求人数と求職者数を含めた割合。12月の場合は0.57倍だから、まだまだ雇用情勢は厳しいことを示している。都道府県別にみた有効求人倍率は、最高の福井県が0.96倍、最低の沖縄県が0.31倍となっている。

もう1つは「新規」求人倍率。こちらの方は、その月だけの求人数と求職者数で計算する。この新規求人倍率が、12月は1を超えて1.01倍になった。1を超えたのはリーマン・ショック直後の08年11月以来、2年1か月ぶりのこと。とにかく求人数が大幅に増えている。

全体の求人数は前年比で15.8%の増加だった。なかでも製造業は30.0%、情報通信業は27.3%、運輸・郵便業は21.8%と、大幅に求人数を増やしている。このような新規求人数の増加が、年末という特殊性によるものなのかはよく判らない。しかし正社員の求人も19.1%増えている。今後に期待を持たせる数字であることに間違いはなさそうだ。


    ≪2日の日経平均 = 上げ +182.86円≫

    ≪3日の日経平均は? 予想 = 下げ

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング


ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.