FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
じわっと回復 : 住宅着工戸数
2011-02-04-Fri  CATEGORY: 政治・経済
◇ 昨年後半から明確な増加基調に = 国土交通省が発表した住宅着工統計によると、昨年の住宅着工戸数は81万3126戸で前年より3.1%増加した。新築住宅の着工件数はリーマン・ショックで急減、09年は78万戸と45年ぶりの低水準に落ち込んでいる。そこから再び80万戸台を回復したわけだが、国土交通省では「当面は予断を許さない」と慎重な見方をしている。

住宅着工の内訳をみると、持ち家が30万5000戸で前年比7.2%の増加。貸家は29万8000戸で7.3%の減少。分譲住宅は20万2000戸で19.6%の増加だった。地域別にみると、首都圏が7.4%、近畿圏が3.3%それぞれ増加したのに対し、中部圏は0.2%の減少だった。

着工戸数が増加したのは、景気の回復と住宅ローン金利の優遇策が効果を挙げたため。だが水準そのものはまだ低く、08年に比べると28万戸も少ない。また過去のピークだった1990年の170万7000戸に比べれば、まだ半分にも達しない。

しかし昨年の前半と後半では、がらりと様子が変わっている。前半1-6月期の前年比は、平均すると4%の減少だった。それが後半の7-12月期になると、平均10%の増加となっている。つまり住宅建築は昨年の半ばごろ底入れしたとみていい。ことしも、この増加傾向は続く公算が大きい。国土交通省の見方は、かなり慎重すぎるように感じられる。


    ≪3日の日経平均 = 下げ -26.00円≫

    ≪4日の日経平均は? 予想 = 上げ

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング


ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.