FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
上昇し始めた国際価格 : 原油・食料品etc.(中)
2011-02-09-Wed  CATEGORY: 政治・経済
◇ 5つの原因が重複競合 = 国際商品が値上がりし始めた背景には、大きな5つの原因がある。その第1は中国やインドなど新興国の需要が増大したこと。第2はアメリカなど先進諸国の景気が回復してきたこと。第3はカネ余りによる投機資金の活動。第4は寒波や干ばつなどの異常気象。そして第5はエジプトの政情不安である。

個別の商品によって、これらの原因が影響する度合いは異なっている。たとえば原油は実需の増大と投機資金による影響が大きいが、寒波も影響している。またエジプトが混乱に陥れば、中東の原油生産が減るかもしれない。スエズ運河に支障が生じれば、という心配も出ている。

食料品も実需と投機、それに異常気象の影響が大きい。オーストラリアの豪雨では産炭地や小麦・砂糖畑に大きな被害を及ぼし、原料炭や小麦・砂糖の価格上昇につながった。このほか南米や中国などでも、穀物生産の不作が伝えられる。

実は3年前、08年の前半にも国際商品は大きく値上がりした。たとえば08年2月には、原油価格が100ドルを超えている。小麦や大豆、とうもろこしの価格も半年前に比べて50-60%の上昇を記録した。ただ当時は投機資金の影響がかなり強く、アメリカの景気は下降し始めていた。また新興国の需要も、今日ほどには増大していない。そして結局は9月のリーマン・ショックで、すべてご破算になった。


                                   (続きは明日)

    ≪8日の日経平均 = 上げ +43.94円≫

    ≪9日の日経平均は? 予想 = 上げ

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング



ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.