FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
無力をさらけ出した G20会議 (上)
2011-02-22-Tue  CATEGORY: 政治・経済
◇ 具体的な成果はナシ = G20(主要20か国)の財務相・中央銀行総裁会議が先週末、パリで開かれた。主な議題は①世界経済の不均衡を是正②食料品など第1次産品の価格高騰を抑制――の2つだったが、いずれも具体的な対策を見出すことができずに閉幕した。共同声明も会議の“決裂”を避けるために作成された、空虚な内容になっている。

まず世界経済の不均衡を是正する問題では、不均衡を測定する経済指標の選定でアメリカと中国が対立。アメリカは中国の元に切り上げ圧力をかけるため指標の1つに外貨準備を入れようと画策したが、結局は中国の強い抵抗にあって断念した。このため不均衡は政府の公的債務や貿易収支などで測ることになったが、これでは実質的な意味は全くないと言っていい。

G20というのは、日米欧の先進国と中国などの新興国が作った会合。かつてはG7など先進国だけで構成していたが、新興国の発言力が大きくなったために拡大した。先進国だけで世界経済を動かせなくなったことは確かだが、先進国と新興国の利害が大きく対立していることも事実である。今回はその弱点が表面化してしまった。

2つ目の議題は、きわめて深刻である。特に食料品の高騰は先進国でも新興国でも、国民の生活を圧迫し始めた。中東では、この問題が反体制デモの重大な引き金になっている。食料品の高騰は、新興国の需要増大、異常気象による生産の減少、それに投機資金の流入が主な原因。G20としては打つ手もあったと思われるが、この問題についても“研究する”だけで終わってしまった。


                                  (続きは明日)

    ≪21日の日経平均 = 上げ +14.73円≫

    ≪22日の日経平均は? 予想 = 下げ

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.