FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
生産の「持ち直し」は 持続するのか
2011-03-01-Tue  CATEGORY: 政治・経済
◇ 原油価格の動向がカギ = 経済産業省は28日、1月の鉱工業生産指数を発表した。それによると、1月の生産は前月比2.4%の増加。これで3か月連続の増加となった。出荷は1.1%の増加、在庫は4.7%増加した。この結果を見て経済産業省は「生産は持ち直しの動きで推移している」という判断を変えていない。

生産が増加した原因は、自動車や鉄鋼の輸出が大幅に伸びたこと。輸送機械工業の生産は前月比7.5%、鉄鋼業は5.6%の増加だった。一般機械工業も4.6%増加したが、特に半導体製造装置は26.4%も伸びた。これもヨーロッパや台湾向けの輸出増が貢献している。その一方、液晶テレビの生産が激減したため、情報通信機械工業の生産は9.0%減少した。

予測調査をみると、2月は0.1%、3月も1.9%増加する見通しになっている。この予測通りになれば、1-3月期の生産指数は98前後にまで上昇するはずだ。この水準はリーマン・ショックで生産が落ち込み始めた08年秋ごろの水準に匹敵する。だが本当にそこまで戻るのかどうか。

カギは原油価格の動向にあるだろう。原油価格がさらに上昇すると、企業のコスト高は避けられない。国内の需要も圧迫される。海外諸国の景気が伸び悩むことになれば、日本の輸出も頭打ちになる。1月の生産統計をみても明らかなように、いまの生産増加を支えているのは輸出。その輸出が鈍化すれば、経済産業省の「持ち直しの動き」という判断は崩れることになってしまう。


    ≪28日の日経平均 = 上げ +97.33円≫

    ≪1日の日経平均は? 予想 = 上げ

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.