FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
どう読むか、1月の動向指数
2007-03-07-Wed  CATEGORY: 政治・経済
内閣府がきょう発表した1月の景気動向指数を、どう解釈したらいいのか。発表によると、一致指数は55.6%、また先行指数は35.0%だった。一致指数は景気判断の分かれ目となる50%の水準を、これで10か月連続して上回った。この限りでは、安心できる数字である。

ところが3-6か月先の景気動向を示す先行指数は、これで3か月続けて50%を下回った。これはあまり良い兆候ではない。これまでの経験からみても、先行指数が3か月連続で50%を下回ると、その先の景気はほとんど低迷する。今回も「踊り場」入りを示唆しているのか、かなり心配だ。

昨年12月の改定値は一致指数が63.6、先行指数が37.5である。これとの比較でも、1月の数字は一致、先行ともにやや悪化した。大きく悪化しているわけではないから、それほど気にする必要はないのかもしれない。

だが全体として、景気の調子が少し変わってきたように感じられる。株価が中国発のショック後も軟調になっているのは、この辺と関係があるのかもしれない。

    ≪7日の日経平均 = 下げ≫

    ≪8日の日経平均は? 予想=上げ

    Please click here ⇒ 人気blogランキングへ
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.