FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
小麦の値上げは、物価高のサイン
2011-03-04-Fri  CATEGORY: 政治・経済
◇ 3年前と酷似した状況 = 農林水産省は製粉会社などに売り渡す小麦の価格を、4月1日から平均18%引き上げると発表した。日本の輸入小麦は政府が商社などを通じて全量を買い付け、農業補助の費用を上乗せした価格で売り渡す仕組み。国際価格の変動に合わせて、毎年4月と10月に売り渡し価格を改定する。

今回も国際価格の急騰を受けて値上げするが、状況は3年前ときわめてよく似ている。08年2月、農林水産省はやはり4月からの30%値上げを発表した。その後も国際価格は高騰を続けたため、10月にはさらに8%値上げしている。この結果、08年はパンやパスタ、うどんなどの小売り価格が上昇。ちょっとした騒ぎを惹き起したことは記憶に新しい。

現在と同じように、当時も原油や鉄鋼、非鉄金属のほか大豆やトウモロコシなど食料品の国際価格が高騰した。ところが国内メーカーは競争が激しく、十分な価格転嫁ができない。そうしたなかで小麦製品だけは「政府が卸し値を上げた」という理由で、小売り価格の引き上げに走った感じが強い。結局、食料品の消費者物価は08年中に3.6%上昇している。

だが当時の物価上昇は、リーマン不況によって遮断された。今回はどうなるのだろう。不測の事態を別とすれば、考えられる道筋は2つ。まずは原油価格がさらに高騰して各国の景気が悪化、需要の減退で物価が下がるケース。もう1つは国際価格が高騰を続けたあげく、バブルがはじけるケース。いずれにしても有難くない話だが、小麦の値上げはその警戒信号だと考えておいた方がよさそうだ。


    ≪3日の日経平均 = 上げ +93.64円≫

    ≪4日の日経平均は? 予想 = 上げ

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.