FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
企業物価 : 大きくなった上昇の足音
2011-03-11-Fri  CATEGORY: 政治・経済
◇ 大きい円高のメリット = 物価高の足音が大きくなってきた。日銀が10日発表した2月の国内企業物価は、前年比1.7%の上昇。5か月連続の上昇で、その上げ幅も2年3か月ぶりの大きさだった。資源や食料品の値上がりが目立っている。

企業物価というのは、企業同士が出荷や卸売りの段階で取り引きするモノの価格。日銀が約5500品目について毎月調べている。この段階での物価変動は、しばらくしてから消費者物価に波及する場合が多い。今回の調査で値上がりが大きかったのは、非鉄金属、鉄鋼、石油・石炭製品などで、前年比はいずれも2ケタに。また加工食品も3.2%上昇した。

企業物価は、08年秋のリーマン・ショックから下げ基調を続けていた。それが昨年10月から上げ基調に転じ、ことしに入ってからは上げ足をやや速めている。これは中国など新興国の需要増大、アメリカなど先進国の景気回復に加えて、中東・北アフリカの政情不安、さらに投機資金の影響が原因だ。

したがって企業物価のなかでも、輸入物価の値上がりが大きい。2月の統計をみても、輸入物価は前年比で7.6%も上昇している。金属・同製品は30.8%、石油・石炭・天然ガスは13.0%の値上がり。食料品・飼料も11.2%上昇した。この1年間で円の対ドル相場は8.7%上昇したが、仮にこの円高がなければ輸入物価は16%程度の上昇になっているはず。円高のメリットである。


    ≪10日の日経平均 = 下げ -155.12円≫

    ≪11日の日経平均は? 予想 = 下げ

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.