FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
学校・病院を 高度な防災拠点に
2011-04-06-Wed  CATEGORY: 政治・経済
◇ 菅首相の“復興構想”に欠けた視点 = 菅首相は11年度予算が成立したあとの記者会見で「復興構想会議」を11日までに立ち上げると表明した。このなかで震災地の復旧は「世界のモデルになるような新しい街づくり」を目指すと強調。具体的には①山を削って高地に住宅地②バイオ燃料による地域暖房完備のエコタウン③福祉都市――の構想を掲げている。

非常にいい構想であり、大いに支持したい。あとは政府と与野党が協力して十分な財源を確保し、早急な実現に向けて走り出すことが肝要だ。ただ、この構想には、大きな視点が1つ欠けている。それはこのブログで何度も主張したように、公立の学校と病院を高度な防災施設に作り替えることだ。(たとえば10年4月23日付け、10年8月26日付け参照)

今回の大震災で、岩手・宮城・福島3県の公立小学校・中学校・高校は合計1669校が被災した。全体の69%にものぼっている。また避難所として使われている学校は323校あるという。一方、公立病院の被災数は不明だが、何らかの損傷を受けた病院は少なくないだろう。これらの学校や病院を再建する場合はもちろん、被害のなかった施設についても防災拠点としての機能を強化してもらいたい。

まず耐震性の強化。次に太陽光を含む自家発電設備。さらに井戸。食料の備蓄。要するに避難所としての機能をできるだけ整備する。もちろん被災することもあるだろうが、周辺地域にこうした防災拠点が多数あれば今回のような悲惨な事態は少なからず軽減できるだろう。学校や病院の防災基地化は全国的に必要だが、東北の復興でそのモデルを作ってほしい。


    ≪5日の日経平均 = 下げ -103.34円≫

    ≪6日の日経平均は? 予想 = 上げ

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.