FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
心配な 円高是正の行きすぎ (上)
2011-04-07-Thu  CATEGORY: 政治・経済
◇1か月足らずで9円も下落 = 円高を是正する動きが急速に進行している。現在の円相場は1ドル=85円台。3月17日にニューヨーク市場で記録した史上最高値の76円25銭から、1か月足らずで9円も安くなった。円相場が適正な水準に戻ってきたことは歓迎していいが、市場では円安がもっと進むという見方も増えている。仮にそういうことになると、こんどは原油などの輸入価格が上昇して、災害復旧や経済の立て直しにとって大きな障害になってしまう。

投機筋の大量買いが惹き起した異常な円高は、G7の協調介入で修正された。その後の円安について、市場では日米経済の差が原因だと説明している。つまり日本経済が戦後最大の困難に直面したのに対して、アメリカ経済は回復の足取りが確かなものとなった。このため日米の金利差は開く方向にあり、これがドル買い・円売りの理由になっているというわけだ。

だが現在の円相場は、ユーロをはじめアジア諸国の通貨に対しても、軒並み値を下げている。たとえば対ユーロは120円台で、11か月ぶりの安値。韓国ウォンに対しても、震災前に比べて5%下落した。この現象はいまの円安が日米関係というよりは、日本経済の悪化を重視したものと考えることができる。そこから円はさらに下落し、対ドルでは90円から100円に接近するという見方も強くなってきた。

もし90円から100円にまで下落すると、どうなるか。輸出企業の採算がよくなることは確かだが、円安のメリットはそんなに大きくはない。というのも輸出企業は円建て契約を増やしており、たとえば10年の輸出総額に占める円建て分の割合は41%。10年前より5%増加した。その半面、10年の輸入総額に占めるドル建て分の割合は71.7%に達しているから、円安が進みすぎると明らかにデメリットの方が大きくなってしまう。


                                 (続きは明日)
 
    ≪6日の日経平均 = 下げ -31.18円≫

    ≪7日の日経平均は? 予想 = 上げ

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.