FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
サタデー自習室 -- TPP の基礎知識 ⑩
2011-04-09-Sat  CATEGORY: 政治・経済
◇ 完成図を描いてみると = TPPへの参加を表明した9か国は、いま11月の合意を目指して着々と準備を進めている。間もなく第1回目の協定草案も出来上がる予定だ。09年の統計でみると、この9か国の総人口は約5億人、GDPは15兆9000億ドルに達する。この経済規模はEU(ヨーロッパ連合)の人口約5億人、GDP16兆4000億ドルに比べてもヒケをとらない。もし日本が加われば、人口は6億人、GDPは21兆ドルになる。

同様に09年の統計でみると、この9か国の輸出ベースでみた貿易総額は、全世界貿易量の14.7%を占める。もし日本が加われば、この比率は19.4%に跳ね上がる。これだけ比重の大きい各国が一挙に自由化を進める経済的な効果は、計り知れない。TPP域内はもちろん、世界全体へも大きな影響を及ぼすに違いない。

TPPは、まず輸入関税の完全な撤廃を目指している。関税については、原則的に全廃することが目的だ。ただ各国にとっての重要品目については、段階的に撤廃することも認める方向。たとえば現行のTPPで、チリは小麦や砂糖の輸入関税を10年間で撤廃することになっている。このため例外品目については、最長10年での撤廃を認めることになるだろう。

関税の撤廃だけではなく、TPPはカネやヒトの移動も自由化する方針。具体的には金融サービスや電子商取り引きから環境、労働に至るまで広範囲な分野での自由化についても、こまかく取り決める。したがってTPPは単なるFTA(自由貿易協定)ではなく、EPA(経済連携協定)の大型版。TPPは、多国間協定による広域EPAだと定義することができる。


                               (続きは来週サタデー)

    ≪8日の日経平均 = 上げ +177.15円≫

    【今週の日経平均予想 = 2勝3敗】

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
 
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.