FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
財政問題で与野党が激突 / アメリカ
2011-05-27-Fri  CATEGORY: 政治・経済
◇ オバマ大統領も“ねじれ”に苦戦 = アメリカが新規の国債を発行できなくなっている。米財務省の発表によると、アメリカ政府の債務残高は5月16日に、法律で定められた上限の14兆2940億ドルに達した。このため新規の国債を発行することが不可能になり、過去の国債を償還するための資金も調達できなくなった。このままだと、アメリカは国家としてのデフォルト(債務不履行)に陥る。

アメリカ政府の債務残高は、21世紀に入ってから急増している。イラクやアフガニスタンの戦費、大型減税、景気対策などが主な原因。歴代政府は債務残高が法定上限に達すると、そのたびに法律を改正して上限を引き上げ対処してきた。ところが今回は下院で多数を占める共和党が強硬に反対、上限を引き上げる法律の改正ができない。

共和党が突き付けている条件は、大幅な財政支出の削減とその内容。オバマ大統領は4月に23年までの財政再建計画を発表、現行の赤字削減目標1兆ドルを4兆ドルに拡大した。共和党は4兆4000億ドルの削減を要求しているので、明らかに譲歩したものと言える。

ところがオバマ案では、支出削減は2兆ドルどまり。あとは富裕層に対する減税打ち切りなどで赤字を減らす計画だ。これに対して共和党の主張は1兆4000億ドルの減税をしたうえで、支出を5兆8000億ドル減らすという内容。隔たりはかなり大きい。来年の大統領選挙を控えて、両党に妥協の気配はまだ見えない。だが8月2日になると、政府の資金繰りは困難になりデフォルトに陥る。


    ≪26日の日経平均 = 上げ +139.17円≫

    ≪27日の日経平均は? 予想 = 下げ

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.