FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
サタデー自習室 -- 電力不足を乗り切る ⑦
2011-06-18-Sat  CATEGORY: 政治・経済
◇ 自動車メーカーは業界ぐるみ = 使用制限令で15%の節電を強制された契約電力500㌔㍗以上の大口需要家は、実にさまざまな工夫をこらして節電を実現しようとしている。たとえば自動車メーカー13社は、全国70か所を超える工場で7-9月は木曜と金曜日を休業。その代わり土曜と日曜日に操業することを決めた。部品工場の多くも、これに追随する見込み。

このほか夏休みの長期化、輪番休日、夜間や休日の操業、営業時間の変更など。また生産拠点や自社の大型サーバーを、西日本に移転するケースも見られる。さらに冷房温度や照明の調整、LED電球の使用。エレベーターの間引き運転から自動販売機の節電まで、いまその準備に大わらわだ。各業種、各企業の節電意識はきわめて高い。

鉄鋼、化学、石油、鉄道の分野では、企業が自家発電の設備を増設する動きが目立っている。関東地方だけで各企業は震災後、こうした自家発電の能力を150万㌔㍗も積み上げた。現在の総発電能力は1640万㌔㍗に達したという。各企業は自分の工場などで使う電力をこれで賄うほか、余った電力を東京電力に売る形で電力不足に協力する。ただ重油の値上がりでコスト高なのが、頭の痛いところだ。

海外のマスコミは、こうした企業の節電に対する積極的な姿勢を驚きの目で見ているという。ただ大口需要家の消費電力量は、総電力消費量の約3割にすぎない。したがって夏の電力不足を克服できるかどうかは、水銀柱の上がり方にもよるが、小口需要家や家庭の節電にかかっていると言える。


                            (続きは来週サタデ―)

    ≪17日の日経平均 = 下げ -59.88円≫

    【今週の日経平均予想 = 4勝1敗】  

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.