FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
原発の再開要請は 拙速の見本だ!
2011-06-24-Fri  CATEGORY: 政治・経済
◇ 1基ずつの安全証明を = 海江田経済産業相は「全国の原子力発電所について安全対策が完了した」と発表、定期検査が終わった原発の再稼働を地元に要請する意向を表明した。菅首相もこれに同調し「安全性が確認された原発は稼働して行く」と述べている。しかし政府のこの姿勢は、全く拙速の見本。これでは地元や国民の理解を得ることは難しい。

定期検査を終えた原発が再稼働しなければ、来年春には54基の原発がすべて運転を停止する。そうなれば電力の供給力が約3割も低下し、国民生活や産業活動に甚大な影響を及ぼす。だから再稼働させなければならない。この考え方は十分に理解できる。だが、ほんとうに安全なのかどうか。政府はその説明をしていない。

政府はIAEA(国際原子力機関)に提出した事故報告書のなかで「安全対策の抜本的な見直しが不可避だ」と述べ、たとえば津波の最大の高さを想定したり、複数の原子炉が並んでいる場合は個々の操作について独立性を確立することの重要性を列挙している。だが全国の原発で、こうした見直しが完了したとは思えない。

海江田経産相も「短期の安全対策が完了したので」と言っている。だから本格的な対策はまだだが、応急措置が済んだので再稼働してもらいたいと言っているだけだ。これでは世論の納得はむずかしい。この際は数基の原発について本格的な改修を行い、1基ずつの安全性を証明して再稼働して行く方が賢明ではないのか。


    ≪23日の日経平均 = 下げ -32.69円≫

    ≪24日の日経平均は? 予想 = 上げ

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング


ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.