FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
NHK受信料、見送りにはなったけれど
2007-03-20-Tue  CATEGORY: 政治・経済
政府・与党は20日、NHK受信料の義務化法案を今国会には提出しないことを最終的に決めた。この問題については、菅総務相が「受信料の2割引き下げ」を義務化の大前提にすることを提案。しかしNHKが料金引き下げを拒否し続けたため、法案化を断念したもの。

もともとNHK受信料の支払いについて、罰則まで付けて国民に強制することには大きな疑問がある。国民に「NHKを見ない権利」はないのだろうか。この強制は、たとえば民間の宅配業者を利用するのに、郵政公社に対して料金を支払えというのに等しい。また「見ない権利」の侵害は、憲法問題にまで発展するだろう。

NHKはスクランブルをかければよい。そのためのコストは微々たるもの。現にWOWOWがそうしているように、スクランブルをかければ、見たい人だけが受信料を支払う。受信料が高すぎれば受信者は減るし、安ければ増える。これが自由な経済の原理である。

そういう観点からみると、NHK受信料の義務化は規制緩和や民営化の政治哲学とは全く相容れない。総務省はNHKの経営委員を政府の任命にする方針。どうあってもNHKを「言うことをきく」放送局にしたいらしい。それならいっそのこと国営放送にして、費用は政府予算から出せばいい。その方が、うんとすっきりする。

    ≪20日の日経平均 = 上げ≫

    Please click here ⇒ 人気blogランキングへ
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.