FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
4歩下がって 3歩上がる / 今年度の企業業績 
2011-06-28-Tue  CATEGORY: 政治・経済
◇ ただし5つの不定愁訴 = 企業の3月期決算発表は、いま花盛り。日本経済新聞が25日までに発表された上場会社1533社について来年3月期の見通しを集計したところ、上期(4-9月)の連結経常利益は前年同期比で32%の減益に。ただ下期(10-3月)は24%の増益となり、V字型の回復になる見込み。4歩下がって3歩上がる形が、目に見えてきた。

形としては4分の3の回復だが、下期の方が利益の額が大きいため通期としては6%の減益にとどまる見通し。予想利益は22兆7600億円になる。この水準は10年3月期の15兆5300億円を大きく上回るから、この予想通りになれば企業は業績面で震災の打撃をほぼ克服することになる。

業種別にみると、自動車・同部品が上期の93%減益から下期は56%の増益へ。電機は47%減益から60%増益へ。鉄鋼も67%減益から53%増益へと急回復する。このうち自動車と鉄鋼は通期で減益となるが、電機は増益を確保する見込み。

ただ下期にかけては、心配な要素もないではない。1つはアメリカ経済の不況入り、2つは中国経済の減速、3つはギリシャを中心とするヨーロッパの財政危機。あとは国内問題で、原発事故と電力不足、それに政治の混迷と政策の停滞。この5つの不定愁訴を乗り越えられるか、楽観は禁物のようだ。


    ≪27日の日経平均 = 下げ -100.40円≫

    ≪28日の日経平均は? 予想 = 上げ

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.