FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
サタデー自習室 -- 電力不足を乗り切る ⑩
2011-07-09-Sat  CATEGORY: 政治・経済
◇ 停電すれば被害は大きい = 電力不足が経済に与える影響は測定しにくい。東京電力管内の電力消費量を業種別にみると、1日当たりの平均使用量は自動車・電機などが4617万㌔㍗時。次いで化学が2470万㌔㍗時、鉄鋼が1753万㌔㍗時、鉄道が1726万㌔㍗時、食品が1530万㌔㍗時などとなっている。

ふつうに考えれば、使用量が多い業種ほど電力不足の影響を受けやすい。だが業種によって、節電をしやすいかどうかが大きく変わってくる。また一般に鉄鋼や化学メーカーの多くは、大型の自己発電設備を保有している。全体として電力不足は経済や産業活動にマイナスの影響を与えるが、その程度を業種別に計算することは困難だ。

節電の努力にもかわわらず電力の供給力が需要を下回り、じっさいに停電が起きればマイナスの影響はかなり大きくなるだろう。3月には生産活動が急減したが、その6割は計画停電によるものだったという試算もある。したがって電力不足の経済的な影響は、停電が起こるかどうかにかかっていると言える。

個人消費に対する影響も測定しにくい。扇風機やLED電球などの節電グッズが売れたり、退社時間の繰り上げで飲食店の売り上げが伸びたりする効果もある。その一方で節電意識が一般的な節約ムードにつながっている点も見逃せない。またLNG(液化天然ガス)などの輸入増加で、貿易収支の黒字は圧縮される傾向が続くと考えられる。


                            (続きは来週サタデ―)

    ≪8日の日経平均 = 上げ +66.59円≫

    【今週の日経平均予想 = 3勝2敗】

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.