FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
サタデー自習室 -- 日本産業の空洞化 ①
2011-08-06-Sat  CATEGORY: 政治・経済
◇ <総論> 低成長の主因に = 企業が生産工場や営業拠点を海外に移転する。すると国内の生産や営業活動が、その分だけ減ってしまう。これが産業の“空洞化”現象である。産業の空洞化が進むと、経済成長が抑えられ、雇用も伸び悩む。日本ではいま、この空洞化が加速する傾向にあり、大きな問題になってきた。

空洞化の歴史は意外に古い。1960年代から始まっているが、その当時の原因は主としてアメリカとの貿易摩擦だった。その後もいろいろな原因によって、企業の海外移転は切れ目なく続いている。特に最近は円高の進行と電力不足に対する不安から、空洞化の動きが加速してきた。

企業の経済活動が海外に移転することには、いろいろな点でメリットも多い。だがスピードが速くなりすぎると、国内経済に与える悪影響が無視できなくなる。日本はこの20年間ほど低成長に悩まされてきたが、その大きな原因の1つは空洞化の進展にあると考えていいだろう。特に雇用機会の喪失は痛い。

産業の空洞化はグローバル化現象の1つでもあり、その進行は避けられない。だが最近は国内の体制整備が追いつかないほど、進行のスピードが速くなってきた。政府も対応策を打ち出してはいるが、なかなか実効が上がらない。今回は空洞化の具体的な事例をみながら、その原因や影響を掘り下げて行く。


                          (続きは来週サタデー)

    ≪5日の日経平均 = 下げ -359.30円≫

    【今週の日経平均予想 = 4勝1敗】

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.