FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
怪獣 + 神様 / 市場主義の行き過ぎ ? (中)
2011-08-10-Wed  CATEGORY: 政治・経済
◇ 運用残高は2兆ドルに迫る = ヘッジ・ファンドという名の怪獣は、90年代から折に触れて猛威を振るっている。原油や小麦・大豆などの食料品。金・プラチナなどの貴金属から鉄や銅などの鉱物資源。さらに株式や金融商品、債券から通貨まで広範囲な市場に手を出している。そのたびに価格が高騰、多大な迷惑を被っているのが一般の人びとだ。

その起源は、アメリカの社会学者アルフレッド・ジョーンズが1949年に設立したファンドだといわれる。ふつうの投資信託は資金を公募によって集めるのが原則。これに対してヘッジ・ファンドは企業や基金などと契約して、その資金を運用する。米ヘッジ・ファンド・リサーチ社によると、昨年末の運用残高は合計1兆9173億ドル。前年よりも約20%増加した。

有名なのは、先ごろ引退を表明したジョージ・ソロス氏のファンド。過去40年間に年率20%という高い収益率をあげ、92年には英ポンドに空売りを仕掛けて大成功を収めている。このときソロス・ファンドは90億ドルを投入、イングランド銀行は170億ドルで買い支えた。しかしソロス陣営が勝ったのは、他のファンドが大挙してポンド売りに合流したからである。

このように儲かる投資案件があると、ファンドは急激にふくれ上がる。この怪獣は環境が整うと一気に身体を膨張させるスゴ技を持っており、油断できない。こうしたファンドの行き過ぎを是正するため、アメリカは大銀行がヘッジ・ファンドに融資することを禁止。また来年からはSEC(証券取引委員会)に経営内容を報告させることになった。ソロス氏はこうした規制を嫌って引退したと伝えられる。


                                 (続きは明日)

    ≪9日の日経平均 = 下げ -153.08円≫

    ≪10日の日経平均は? 予想 = 上げ≫ 

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
 
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.