FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
今週のポイント
2011-08-15-Mon  CATEGORY: 政治・経済
ダウ平均株価は先週、まるでジェット・コースターのように大きく上下動した。600ドル下げては400ドル上げ、500ドル下げてはまた400ドル戻す。アメリカ景気の先行き不安増大とヨーロッパの財政危機再燃が、大幅下落の原因。週間では176ドルの値下がりとなったが、むしろ反発力の強さに驚くほど。今週は下げ止まりを確認できるかもしれない。

日経平均は週間336円の値下がり。先々週よりは下げ幅を縮小したが、反発力は弱々しい。特に金曜日はアメリカが大幅に反発、ヨーロッパやアジアの株価も戻したのに続落した。円相場が史上最高水準に貼りついた状態を嫌気したためだが、外国人投資家の意欲が薄れたのではないかという心配もある。

先週はFRBが「ゼロ金利政策を13年半ばまで継続する」と表明。またEU4か国も、金融株の空売りを15日間禁止すると発表した。ともに世界的な株安の連鎖をなんとか食い止めようとする政策の発動である。そんななかで、日本は特例公債法案の成立にメドを付けただけ。あと永田町は、民主党の代表選挙しか眼中になくなってしまった。

今週は15日に、4-6月期のGDP速報。18日に、7月の貿易統計。19日に、6月の全産業活動指数。アメリカでは16日に、7月の住宅着工戸数と工業生産。17日に、7月の生産者物価。18日に、7月の消費者物価と中古住宅販売、それにコンファレンス・ボードによる7月の景気先行指数が発表になる。また16日には、EUが4-6月期のGDP速報を発表する。


    ≪15日の日経平均は? 予想 = 上げ

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.