FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
欧米は同時不況へ / 頑張れるか 日本 (上)
2011-08-18-Thu  CATEGORY: 政治・経済
◇ 独仏もゼロ成長に = 日米欧の4-6月期GDP速報が出揃ったが、その結果はいずれも不調。EU統計局が16日発表した加盟27か国の実質成長率は年率換算で0.7%、前期の3.4%から大きく減速した。特に中軸国であるドイツが前期比0.1%の伸びにとどまったほか、フランスはゼロ成長に落ち込んでいる。ともに輸出と個人消費の低迷が響いた。

アメリカ経済も、減速傾向を明らかにしている。商務省が発表した4-6月期のGDP速報では、年率換算の実質成長率が1.3%で予想を大きく下回った。さらに1-3月期の成長率が1.9%から0.4%に大きく下方修正されて、関係者を驚かせている。企業の設備投資や輸出はまずまずだったが、個人消費が年率0.1%しか伸びなかった。

日本の4-6月期GDPは、年率マイナス1.3%だった。前期のマイナス3.6%よりは改善したが、まだ水面に顔を出せない。震災の影響で輸出が4.9%減少したほか、個人消費も自粛ムードが尾を引いて0.1%の減少となった。ただ災害復旧が進むにつれて、輸出も消費も順調に回復する動きをみせている。

このように4-6月期のGDP統計でみる限り、先進国の経済はみな不調。共通しているのは、個人消費の低迷だ。ヨーロッパはギリシャに端を発した財政不安の広がりが、アメリカは雇用と住宅に象徴される将来の景気不安が、個人の消費意欲を減退させる原因となっている。そうしたなかで、日本だけは経済が上向き。欧米が同時不況入りの気配を濃くするなかで、この上向き基調を守って行けるのかどうか。


(続きは明日)

    ≪17日の日経平均 = 下げ -50.17円≫

    ≪18日の日経平均は? 予想 = 下げ

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング


ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.