FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
驚異的な高騰 / 2000ドル目前の金価格
2011-08-26-Fri  CATEGORY: 政治・経済
◇ 4か月で400ドルも上昇 = ニューヨーク商品取引所の金先物相場が22日、1トロイオンス=1917ドル90セントの史上最高値を付けた。金価格が1000ドルの大台に乗せたのは08年3月。ことし4月には1500ドル台に。8月10日には1800ドルを突破した。その上昇スピードは驚異的である。(1トロイオンス=31.1034768グラム)

ヨーロッパの財政・金融不安がアメリカにも飛び火して、米ドルに対する信頼が大きく揺らいでしまった。さらに世界経済の見通しも芳しくなく、株価や原油などの商品相場も下落している。このため行き先を見失った投機資金が、金市場に殺到したことが直接の原因だ。

裏返せばドルの信認が回復しないと、金価格の上昇傾向は続くだろう。この見地からアメリカの現状をみると、当分の間はドルへの信認が回復するような条件が全く見当たらない。もちろん価格が上昇すると利益確定の売りが出るから、短期的な下落は十分にありうる。しかし長期的には、まだ上昇傾向が続くのではないだろうか。

投機資金は金市場のほかに、安全資産と目されている日米の国債や円にも流れ込んでいる。したがって今回の超円高水準も、なかなか解消しないと覚悟した方がいい。急激すぎる円高を抑えるための為替介入は必要だが、もっと根本的な円高対策を考えないと日本経済の衰退は加速してしまうかもしれない。


    ≪25日の日経平均 = 上げ +132.75円≫

    ≪26日の日経平均は? 予想 = 上げ

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.