FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
サタデー自習室 -- 日本産業の空洞化 ⑤
2011-09-03-Sat  CATEGORY: 政治・経済
◇ <影響①>海外生産比率は20%超える = 自動車メーカーの統計をみると、海外での生産台数が3年ほど前から国内生産台数を上回るようになった。たとえば、ことし6月の国内生産台数は69万9000台。これに対して海外での生産台数は101万8000台に達している。その比率は6割に近い。このように全体の生産量に対する海外生産量の割合を、海外生産比率と呼んでいる。

個別のメーカーをみても、トヨタの10年の海外生産台数は425万台で、国内生産台数を105万台も上回った。日産やホンダの海外生産比率は70%を超えている。また自動車以外の業種でも、ここ1-2年のうちに富士電機HDは海外生産比率が40%に、村田製作所は30%に、キヤノンは48%に上昇するとみている。

製造業全体ではどうだろう。内閣府の調査によると、製造業の海外生産比率は85年度にはわずか3.0%だった。それが90年度には6.4%、さらに09年度には17.8%にまで上昇している。現在は間違いなく20%を超えているだろう。業種別でみると、輸送用機械と電機が圧倒的に高い。今後も比率は急増するとみられ、国際協力銀行では13年度に35.2%に達すると予測している。

同様に海外売上高比率も上昇している。経産省の調査によると、製造業の海外売上高比率は90年に14%だったものが09年には28%になった。09年度の海外現地法人の売上げ高は、輸送用機械が30兆円で10年前より19兆円の増加。電機も16兆円で3兆円の増加だった。個別の企業ではTDKの87.0%、ホンダの83.2%、コマツの81.1%などが高い。


                            (続きは来週サタデー)

    ≪2日の日経平均 = 下げ -110.06円≫

    【今週の日経平均予想 = 5勝0敗】 

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング



ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.