FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
今週のポイント
2011-09-05-Mon  CATEGORY: 政治・経済
これまで1年近く続いてきた雇用情勢の改善が、ぴたりと止まってしまった。アメリカ労働省が先週末に発表した8月の雇用統計によると、非農業雇用者数の伸びがゼロに。市場の事前予測は7万5000人の増加だったから、想定外の悪い結果となった。この発表を受けて、2日のダウ平均は253ドルの大幅安。週間では44ドルの値下がりだった。

先週のニューヨーク市場は、この雇用統計に不思議な期待を寄せていた。結果が予想よりよければ結構だし、悪くても金融の追加的緩和が確実になる。いずれにしても、株価には好材料になると考えた人が多かった。ところが結果は悪すぎ。オバマ大統領は今週8日に景気・雇用対策を発表するが、共和党の反対で実現の可能性は低い。アメリカ経済の先行きは、明らかに暗くなった。

日経平均は先週153円高と健闘した。1日には9000円台に回復している。だが今週はアメリカ経済の変調が、じわり伝わってくる。特に追加的な金融緩和が確実視されるなかで、円高圧力の高まりが心配だ。日銀は今週6-7日に金融政策決定会合を開くが、事前に何か動けるかどうか。

今週は7日に、7月の景気動向指数。8日に、7月の機械受注と8月の景気ウォッチャー調査。9日には、8月の景気動向指数と4-6月期GDPの改定値が発表になる。アメリカでは6日に、8月のISM非製造業景況指数。同じ日にEUが4-6月期GDP改定値。また9日には、中国が8月の消費者物価、生産者物価、小売り売上高、固定資産投資額を発表する予定。


    ≪5日の日経平均は? 予想 = 下げ

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.