FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
手詰まりの G7財務相会議
2011-09-09-Fri  CATEGORY: 政治・経済
◇ またまたギリシャ問題が再燃 = 9月に入って、またまたギリシャの財政・金融不安が吹き上がった。このためダウ平均株価は大きく下落、日経平均もあおりを食って冴えない。そんな状況のなかで、G7(先進7か国)財務相会議が9-10日にフランスのマルセイユで開かれ、安住新財務相も出席する。

ギリシャの財政・金融問題は、ほとんど毎月のように浮上してくる。その原因は「ギリシャは財政赤字の削減ができないのではないか」という、いわば“風評被害”だった。ところが今回は、ギリシャ政府自らが「景気が予想以上に悪化したため、赤字削減計画は遂行できない」と表明。問題はきわめて深刻である。

EUとIMFはこれまでギリシャに対して、何回も資金援助をしてきた。今回も9月中に80億ユーロを協調融資するはずだったが、その前提条件となるのはギリシャの赤字削減。その条件が崩れてしまったために、この融資がストップ。これでギリシャのデフォルト(債務不履行)不安が高まり、ギリシャ国債を大量に保有するヨーロッパ諸国の金融機関に対する経営不安が急速に増大している。

EU内部では「ギリシャが赤字を削減できないのなら、支援する必要はない」という強硬論さえ出ている。しかしギリシャがデフォルトに陥れば、EU各国は自国の金融不安に見舞われる。そんなジレンマのなかで、今月中に有効な対策を講じられるのか。G7財務相会議がその答えを見つけられればいいが、現状では明らかに手詰まりのように見受けられる。


    ≪8日の日経平均 = 上げ +29.71円≫

    ≪9日の日経平均は? 予想 = 下げ

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.