FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
金融引締めは限界に? / 中国
2011-09-13-Tue  CATEGORY: 政治・経済
◇ こんどは景気が心配 = 中国統計局が発表した8月の消費者物価は、前年同月比で6.2%の上昇だった。まだ高い上昇率だが、7月の6.5%上昇よりはやや改善している。食品も13.4%上昇しているが、7月の14.8%上昇よりは少し上げ幅が縮小した。この数字を見てホッと一息ついたのは、政府と中央銀行の物価担当者だったのではないか。

中国の物価は昨年春から上昇傾向をたどり始めた。これに対して政府・中央銀行はきびしい金融引き締め政策を実施。昨年から数えて、政策金利は5回、預金準備率にいたっては実に15回にわたる引き上げを断行してきた。その結果、物価の上昇率が頭打ちとなったわけである。

だが金融引き締めの影響は、景気の面にもはっきりと出始めた。たとえば8月の新車販売台数は138万台で、前年比では4.2%しか増えなかった。これまで10-20%の伸びを続けていたから、かなりの急ブレーキである。鉱工業生産も8月は前年比13.5%増となお高水準だが、伸び率は7月の14.0%からやや縮小した。引き締めをさらに強化すれば、景気が悪化するギリギリのところへきている。

もちろん、これでインフレや不動産バブルが終息する保証はない。しかし、これ以上に金融引き締めを強化して景気を悪化させては元も子もなくなる。中国政府は引き締めの手をいったん止めて、物価の動向を監視することになるだろう。次に引き締めを解除の方向に踏み出せるのかどうか。それはまだ予想できない。


    ≪12日の日経平均 = 下げ -201.99円≫

    ≪13日の日経平均は? 予想 = 上げ

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.