FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
サタデー自習室ーー少子化の問題(9)
2007-03-31-Sat  CATEGORY: 政治・経済
9)根本対策は社会意識の改革 = 少子化対策は、直接的な経済支援とやや間接的な環境改善に分けられる。経済支援は妊娠、出産、育児に対する援助で、たとえば児童手当などの支給がその好例。フランスでは4人以上の子どもを産むと、その手当てだけで生活ができると言われる。

環境改善は、主として仕事と育児が両立できるような環境づくりの支援。育児休業制度や保育所の充実などがその好例だ。スウェーデンでは育児休暇中、480日分の所得が保障されている。このほか医療体制の充実も欠かせない。

先進諸国はみな多かれ少なかれ、こうした少子化対策を推進している。日本も直接的な支援に加えて、しだいに間接支援にも力を注ぐようになってきた。政府が発足させた「子どもと家族を応援する日本重点戦略検討会議」でも、このための具体策を作成することになるだろう。
   *戦略検討会議については、2月3日のブログ参照

ただ少子化対策は、政府の政策だけでは効果が上がらない。自治体はもちろん、企業や地域住民の協力が不可欠である。と同時に「子どもを産ませる方策」から「子どもを産みたくなる社会づくり」へと、目標を大きく拡大することも必要。子どもに対する犯罪や事故が起きない社会づくり。それへの意識改革が肝要である。

                  (少子化の問題は終わり)

    Please click here ⇒ 人気blogランキングへ
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.