FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
ウォール街を 占拠せよ (上)
2011-10-12-Wed  CATEGORY: 政治・経済
◇ ターゲットは大金融機関? = むかし1652年のこと。当時マンハッタン島を植民地化したオランダ人が原住民の襲撃を防ぐために、南西部の要衝に木材で高い壁を構築した。これが「ウォール(壁)街」の由来である。現在は世界最大の金融市場。そこにいま若者を中核とするデモ隊が押し寄せ、連日のように「ウォール街を占拠せよ」というプラカードが揺れている。

デモが始まったのは9月17日。ネットの呼び掛けに応じて、1500人が集結した。その後、人数はしだいに膨れ上がり、逮捕者も出る騒ぎ。ワシントンやロサンゼルス、ボストンにも広がっている。経済的な格差や高い失業率への抗議、あるいは「貪欲を止めろ」といった主張も目立つ。大物投資家のジョージ・ソロス氏やオノ・ヨーコさんも、こうした主張を支持するコメントを出した。

アメリカでは、所得の高い人1%の所得額が全所得額の2割を超えた。4人家族で年間の収入が2万2314ドル(約171万円)に満たない貧困層は4618万人。全人口の15%を占める。また25歳未満の失業率は、8月で17.7%に達した。オバマ大統領もこのデモについて「不満の表れ」「正しくない人が見返りを得ている現状がある」というコメントを発表した。

珍しいことに、このデモはいまのところ政権に対する批判はしていない。また大企業の経営者に対する攻撃もあまり聞かれない。デモの最中に亡くなったITの大御所スティーブ・ジョブズ氏には、深い哀悼の意を表明する人も多いという。もちろん多岐にわたる思想の持ち主が参加したデモではあるが、その公約数的なターゲットは大金融機関のように思われる。だからこそ「ウォール街を占拠せよ」なのだろう。


                                 (続きは明日)

    ≪11日の日経平均 = 上げ +168.06円≫

    ≪12日の日経平均は? 予想 = 下げ

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング


ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.