FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
サタデー自習室 -- 日本産業の空洞化 ⑪
2011-10-15-Sat  CATEGORY: 政治・経済
◇ <原因④>引く手あまたの日本企業 = アジア各国はみな日本企業の誘致に熱心だ。経済産業省の調査によると、大企業・製造業の18%が「誘致を受けたことがある」と答えている。アジア諸国は日本より税金・人件費・電力料金が安く、なかには補助金を出すところさえある。FTA(自由貿易協定)が充実している国も多く、日本企業にとってもその魅力は捨てがたい。

たとえば韓国の場合。人件費と電力料金は日本の4割、法人税は日本の40%超に対して24%と低い。またタイの法人税は30%だが、エコカーの製造には8年にわたって税金がかからない。ASEAN(東南アジア諸国連合)やオーストラリアなどともFTAを結んでいるから、たとえば日本からオーストラリアへ自動車を輸出する場合にかかる80%の関税が無税になる。

ベトナムは日本企業に限定した経済特区を創設する。工業団地、病院、インフラを整備し、税金面でも優遇する計画。台湾も日本の中小企業を対象にした工業団地を考えている。中国は江蘇省に「日本自動車部品工業団地」を年内に開設する予定だ。これらの優遇措置をカバンに詰め込んだ各国の“誘致団”が、いま続々と日本を訪れている。

日本の企業を誘致することで、まず雇用が増えて経済が拡大する。さらに技術移転によって、自国の工業を高度化できる。また企業経営のノウハウを習得することも可能だ。このように日本企業が進出することでアジア各国の経済が発展することは、将来の日本のためにも望ましいことである。だが当面、日本の空洞化を促進する要因となることは間違いない。


                             (続きは来週サタデー)

    ≪14日の日経平均 = 下げ -75.29円≫

    【今週の日経平均予想 = 3勝1敗】 

         ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング


ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.