FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
G20会議の 真のねらい
2011-10-18-Tue  CATEGORY: 政治・経済
◇ ヘッジファンドを窒息させろ = パリで14-15日に開いたG20(主要20か国)財務相・中央銀行総裁会議は、EFSF(欧州金融安定基金)の強化や銀行の資本増強などを支持する共同声明を発表した。日米欧だけではなく中国やブラジルなどの新興国も参加したこの会議が、ヨーロッパの財政・金融不安を鎮めるために一致団結することを確認したことになる。

もちろん、その具体的な実行はこれからの話。したがって不安が解消したわけではない。ただ20か国が足並みを揃えたことで、不安心理は当面かなり薄らいだ。このため欧米をはじめ世界の株価は、先週末に大きく戻している。この正常化への動きをいかにして持続させるか。そのための重要な方策が、ヘッジファンドなどの投機資金を締め上げること。G20会議の真の狙いは、そこにあった。

いま世界の投機資金は、最大時で3兆ドルとも5兆ドルともいわれている。その資金供給源はやはり銀行からの融資だ。そこで銀行の融資を規制する。たとえばヘッジファンドなどに対する融資を、その銀行の自己資本の何パーセントまでと制限してしまう。この制限を、国際的に共通のルールとして抜け道をなくす。G20会議はこんなことを考えているようだ。

この方針を11月のG20首脳会議で了承、具体的な規制策を来年7月のメキシコ・サミットで決定する。これがG20財務相・中央銀行総裁会議の戦略だ。もし計画通りに実行されると、その影響はきわめて大きい。ニューヨークやロンドンの金融関係者は、猛烈な反対運動を展開するに違いない。だが、いま盛り上がっている「ウォール街を占拠せよ」運動は、その反対運動を抑止する力になる可能性がある。


    ≪17日の日経平均 = 上げ +131.64円≫

    ≪18日の日経平均は? 予想 = 下げ

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.