FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
サタデー自習室 -- 綱渡りの ユーロ圏 ①
2011-11-05-Sat  CATEGORY: 政治・経済
◇ <歴史①>戦争の防止が最初の目標 = 古代からヨーロッパの歴史は、戦争の歴史でもあった。特にドイツとフランスは何度も戦火を交えている。第2次世界大戦が終わった5年後の1950年5月9日、ヨーロッパ諸国が武器の製造に必要な重要資源を共同管理することによって戦争をなくそうと提案した人がいた。フランスの首相も務めたことがあるロベール・シューマンである。

この提案を基に1952年、欧州石炭鉄鋼共同体が陽の目を見た。この共同体に参加したのはドイツ、フランス、イタリア、オランダ、ベルギー、ルクセンブルクの6か国。これが現在のEU(ヨーロッパ連合)にまで発展する。提案者のロベール・シューマンが「大欧州の父」と呼ばれ、提案した5月9日が「ヨーロッパの日」となったのは、このためである。

戦争防止のために設立された共同体は、1957年になるとEEC(ヨーロッパ経済共同体)に発展する。6か国間の輸出入関税をすべて取り払い、1つの大きな市場を形成することに成功した。さらに67年には経済全般、政治や文化の統合までを目指したEC(ヨーロッパ共同体)に進化。その魅力に惹かれて、イギリス、デンマーク、スペインなど多くの国が次々に参加している。

このECを土台に93年、現在のEU(ヨーロッパ連合)が誕生。金融・通貨の統合を目指して、98年にはECB(ヨーロッパ中央銀行)を創設した。そして99年、ついに11か国が単一通貨のユーロを採用。ここにユーロ圏が始動することになった。ただイギリスなどはユーロを採用していない。このため現在はEU加盟国が27か国、そのうち17か国がユーロの流通するユーロ圏となっている。


                              (続きは来週サタデー)

    ≪4日の日経平均 = 上げ +160.98円≫

    【今週の日経平均予想 = 4勝0敗】

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.