FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
景気は停滞局面に / 10-12月期
2011-10-28-Fri  CATEGORY: 政治・経済
◇ 復旧需要は一巡した = 財務省が発表した9月の貿易統計によると、輸出は5兆9807億円で前年比2.4%の増加だった。一方、輸入は5兆6803億円で12.1%増加した。この結果、貿易収支は3004億円の黒字だった。9月の数字としてはまずまずだが、目立つのは火力発電用の燃料輸入がいぜん大幅に増えていること。その半面、輸出は震災前の水準をほぼ取り戻して、明らかに伸びが弱まってきている。

輸出を商品別にみると、自動車が4.9%、同部品が11.5%、科学光学機器が15.2%増加した。しかし半導体など電子部品は9.0%減少した。自動車・同部品が伸びたのは、震災によって供給が減少したことの反動だとみられる。ただ、こうした一種の復旧需要もほぼ一巡したとみられ、10月以降の伸びはあまり期待できない。輸入が高水準のまま推移すれば、貿易収支は再び赤字になる可能性が大きい。

超円高の継続、欧米各国の景気停滞、中国をはじめとするアジア各国の成長鈍化。輸出を取り巻く環境は厳しさを増している。加えてタイの大洪水。たとえば鉱工業生産も震災前の水準に回復したため、9月はやや低下すると予測されている。しかし10月はその反動で上昇に転じるとみられていたが、タイの洪水でその期待は怪しくなった。要するに輸出も生産も、10-12月期は伸び悩む公算が強い。

頼みの綱は第3次補正予算だが、その成立は遅れている。仮にいまごろ成立していれば、10-12月期の景気動向を心配する必要はなかったろう。そういう意味では、政治がまたまた経済の足を引っ張る形となった。政治家は「タイの洪水など予測できなかった」と主張するかもしれないが、想定外の事件にも対処しなければならないことは、もう十分に学んだはずだ。


    ≪27日の日経平均 = 上げ +178.07円≫

    ≪28日の日経平均は? 予想 = 上げ

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.