FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
今週のポイント
2011-11-21-Mon  CATEGORY: 政治・経済
ヨーロッパ発の不安が止まらない。ギリシャとイタリアで財政再建を目指した新内閣が発足したにもかかわらず、先週も世界の株価は下落した。ダウ平均は金融株が売られて、週間358ドルの値下がり。1万2000ドルを割り込んでいる。フランス国債の利回り上昇が嫌気され、フランス向けの債権を2700億ドルも保有するアメリカの金融機関に対する警戒感が生まれた。

日経平均も冴えない。週間では140円の値下がりだったが、終り値の8374円91銭は9月に付けた年初来安値をわずかに78銭上回っただけ。東証1部の時価総額は252兆円に下落、2年8か月ぶりの低水準に落ち込んでいる。東証と大証の統合が決まっても、市場は全く無関心だった。

先行き見通しも悪くなっている。市場関係者の間では月内に8000円割れ、年内には7500円まで下げるという説まで出始めた。ヨーロッパの債務不安に加えて、アメリカの景気も不透明。日本の企業決算も4-9月期は16%の減益と振るわない。あとは第3次補正予算の効果に期待するしかない状態である。

今週は21日に、10月の貿易統計。25日に、10月の消費者物価と企業向けサービス価格。アメリカでは21日に、10月の中古住宅販売。22日に、7-9月期のGDP改定値が発表になる。また23日はアメリカ議会が財政赤字削減計画を決める期限。27日は大阪市長と府知事選挙。20日はスペインの総選挙。今週から全国の証券取引所で、午前の取引時間が11時半まで30分間延長される。


    ≪21日の日経平均は? 予想 = 下げ

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.