FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
景気後退は不可避? / ユーロ圏に重圧 (下)
2011-11-25-Fri  CATEGORY: 政治・経済
◇ 先行きはかなり暗い? = ヨーロッパ委員会の予測によると、ユーロ17か国の実質成長率は11年がプラス1.5%、12年はプラス0.5%とさらに低下する。12年はドイツがプラス0.8%、フランスはプラス0.6%。イタリアはプラス0.1%だが、ポルトガルやギリシャはマイナス成長が続く。だが、この予測は甘いのではないか。

いまEU各国は緊縮財政の競演。ギリシャやスペインやイタリアだけではなく、フランスもドイツも財政支出を削減している。ユーロ圏ではないが、イギリスの歳出カットは目をみはるほどだ。財政支出の削減は成長率を低下させ、税収も縮小する。すると財政赤字が増えてしまうから、政府はさらに支出を減らさなければならなくなる。それがまた景気悪化の要因に。

緊縮財政で公務員の数を減らしたり、企業が人員整理をすれば、失業者が増える。すると税収が減って、失業手当の支給が増える。また失業者が増えれば、個人消費も縮小する。消費が落ちれば、それがまた税収の減少や企業のリストラの要因に。

国債の価格が下がると、銀行の自己資本比率が低下する。これを防ぐために、銀行は貸し出しを抑制する。中小企業などの倒産が増え、これが失業の増大と消費の委縮の要因に。このような3つの過程すべてで、これから悪循環が起きようとしている。こう考えると、ヨーロッパ委員会の予測は甘すぎる。債務不安に加えて景気の後退。ユーロ圏は持ちこたえられるのだろうか。


    ≪24日の日経平均 = 下げ -149.56円≫

    ≪25日の日経平均は? 予想 = 下げ

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.